健康おせっかい倶楽部
 

目 次

情報素材料理会<第90回>

EMSが拓く未来

~筋肉を科学する~
 
森谷 敏夫 氏/川出 周平 氏

MTG社が開発したEMSSIXPAD』は、全世界での販売台数が100万台を越えるヒットとなっています。今回は、EMS研究における世界的な権威である森谷敏夫先生と、MTG社から川出周平氏をお招きして、筋肉のメカニズムとEMSの最新の研究成果をうかがいます。
 
読む>>
 


情報素材料理会<第89回>

ウエアラブルと
ビッグデータの今

~24時間「健康」が見える時代~
 
白崎 修 氏/藤本 幸一 氏/中山 健夫 氏

歩数計がスマートフォンに内蔵され、心拍計や心電、脳波、血圧計のポータブル化も加速しています。医療・健康機器の大手メーカーであるオムロンヘルスケア社も、血圧計を始めとしてさまざまな機器の小型化を進める一方、データのオープン化、ネットワーク化に取り組んでいます。同社の藤本幸一氏と白崎修氏、そして京都大学大学院教授の中山健夫先生に、ウエアラブル機器を通じて健康を「24時間見守る」最新の取り組みについてうかがいました。
 
読む>>
 


情報素材料理会<第88回>

あらためて
メタボのリスクを
考えよう

 
中山 健夫 氏/坂根 直樹 氏

いわゆるメタボ健診(特定健診)とレセプト(診療報酬明細)情報を集めたナショナルデータベース(NDB)の集計結果が昨年初めて公表されました。健康増進や医療の適正化に向けた、分析と活用の取り組みが進められています。高血圧、高血糖、脂質異常と内臓肥満が、病気のリスクを飛躍的に高めるとされるメタボリック・シンドローム。あらためて、その考え方やリスクの実態、効果的な対策について、京都大学大学院教授の中山健夫先生と、京都医療センター臨床研究センター予防医学研究室長の坂根直樹先生にうかがいました。
 
読む>>
 


情報素材料理会<第87回>

ほんとうのところ
「糖質制限」
ってどうなんですか?

 
森谷 敏夫 氏/中山 健夫 氏

話題の糖質制限ダイエット。簡単に体重が落ちると評判ですが、基礎代謝が減り痩せにくくなる、体調を崩す、という主張もあります。糖質制限は健康に良いのか? 良くないのか? 運動生理学の専門家で「京大の筋肉」こと森谷敏夫先生とEBH推進協議会理事長で京都大学大学院教授の中山健夫先生にうかがいました。
 
読む>>
 


情報素材料理会<第86回>

Apple WatchとiPhoneで
変わる健康の未来

 
廣瀬 克哉 氏

ウエアラブル機器とスマートフォンの、健康・医療分野での活用が加速しています、国内スマホ市場の半数を占めるiPhoneも、Apple Watchを中心に様々な健康機器との連携が進んでいます。iPhoneとApple Watch。健康・医療における最新の取り組みを紹介します。
 
読む>>
 


情報素材料理会<第85回>

脳とIoTの最先端
感情の見える化はどこまで来たか?

 
中山 健夫 氏/伊藤 菊男 氏

わたしたちの脳は何をしているのか? その謎をとく試みが加速しています。「感情や心を見える化すると、健康と医療において何が始まるのか?」その恩恵と課題について、脳波センサー開発元であるニューロスカイジャパン代表取締役の伊藤菊男氏と、EBH推進協議会理事長で京都大学大学院教授の中山健夫先生にお話いただきます。
 
読む>>
 


情報素材料理会<第84回>

AIは医療と健康をどう変えるか?

 
中山 健夫 氏/小林 誠士 氏

IBM社の「Watson」が白血病患者の診断と治療に貢献したと話題になりました。健康・医療の世界でAIにできることは何か?これから何ができるようになるのか? 課題は?  EBH推進協議会理事長で京都大学大学院教授の中山健夫先生と、日本アイ・ビー・エム株式会社ワトソン事業部ヘルスケア事業開発部長の小林誠士氏にお話いただきます。
 
読む>>
 


情報素材料理会<第83回>

人生100年時代の戦略

~長生きの「リスク」と「幸福」を考えよう~
 
小林 一生 氏/西村 周三 先生

世界の平均寿命が延び続ける中、日本で2007年に生まれた子どもの50%が100年以上生きるという予測があります。半数が100年生きる時代に必要な社会の仕組み、企業のあり方、そして個人の生き方とは? 人生100年時代の「リスク」と「幸福」について、日本生命保険相互会社の小林一生副社長と、医療経済研究機構所長で厚生労働省社会保障審議会会長の西村周三先生にお話しいただきます。
 
読む>>
 


情報素材料理会<第82回>

その医療、必要ですか?

~賢く選ぶ(Choosing Wisely)「対話」のすすめ~
 
西村 周三 先生/中山 健夫 先生

健康と医療のビッグデータを活用し、「その医療が適切か」を見える化する取り組みが進んでいます。薬の処方は妥当か?  終末期医療はどこまで必要なのか?  京都大学大学院医学研究科教授の中山健夫先生と、医療経済研究機構所長、厚生労働省社会保障審議会会長の西村周三先生にお話しいただきます。
 
読む>>
 


情報素材料理会<第81回>

「マインドフルネス」のすすめ

~「こころ」を健康にする3つの秘伝~
 
森谷 敏夫 先生/石井 千恵 先生

 働き方改革が強く求められる今、ストレスとの上手なつきあい方を知ることが重要です。
「運動」と「メンタルケア」、それぞれの専門家であるお二人の先生から、「こころの健康」を守る方法をうかがいます。
 
読む>>